消臭靴下リンマーの効果は本物!履いて分かった使用感を徹底レビュー

リンマー購入してみた消臭靴下

どうも、足の臭いに定評のあるkusaoです。
この記事では消臭靴下「リンマー」を実際に履いた感想をまとめています。

・実際に履いて分かった使用感
・足の臭いにはどのくらい効果があったのか
・公式サイトには書かれていなかった気になる点

こう言った内容を解説していきますよ。

kusao
kusao

ぱっと見はタイツですか?って感じだったんですが、「8万足売れた大人気の消臭靴下」という宣伝文句は伊達じゃなかったです。

ちゃんと私のくっさい足の臭いを消してくれたので、満足できました。

消臭や「抗菌・防臭」以外にも、「保温」「吸放湿」「静電気防止」「高いストレッチ性」を兼ね備えた靴下リンマー。
それでは早速レビューしていきましょう。

消臭靴下リンマー公式サイト

消臭靴下について

臭い靴下

消臭靴下という名前を聞くと、「ニオイを消してくれる靴下」だと思いますよね。
中には激安なのに消臭って書かれてたりするし・・・実はこれ、カラクリがあるんです。

一言で消臭靴下といっても、いろんな種類があるんです。

①抗菌・制菌作用によって防臭する靴下

足に発生した雑菌の増殖を抑える効果のある靴下を履くことで、ニオイを抑えることが出来ます。
消臭というより「防臭靴下」のほうが近いかもしれません。

ということは、ニオイそのものを消すわけではなく、あくまで「間接的に臭いを防ぐ・減らす効果が期待できるよ」、というものなわけです。

kusao
kusao

安い消臭靴下によくあるやつですね。

古くから抗菌作用の知られる綿などの天然繊維でできた靴下、最近ですとAg+を添加した靴下などがあります。
もちろん全く効果がないわけではないんでしょうが、特に安い靴下の中にはホントに消臭加工してるのか?と思うくらい、普通の靴下と何も変わらないヤツもあるので要注意ですね。

②ニオイ成分を捕まえて逃がさないようにする靴下

今回取り上げているリンマーがこのタイプ。
靴下の繊維に練りこんだ有効成分が、足から発生したニオイ成分を捕まえて空気中に逃がさないようにする、という方法で消臭する靴下があります。

しかもニオイ成分だけでなく、汗も吸着してくれることでより臭いづらくする効果・蒸れを抑えるもあります。
リンマー以外にも、脱臭・除湿効果のある「炭」を繊維に練りこんだ靴下がよく売られていますね。

③ニオイ成分と反応して、臭わない成分にしてしまう靴下

ニオイ成分が靴下の繊維にくっつくと、化学反応して臭くない成分に変化させることで消臭する靴下もあります。
「消臭」という言葉が一番しっくりくるタイプですね。

化学反応といっても、別に危険なことはありません。
足の臭いの原因となる物質(イソ吉草酸、酢酸など)のみと反応するように作られていますから、人体への影響は問題なしです。

別記事で紹介しているデオルソックスが、このタイプの消臭靴下です。

→【デオルソックス】口コミでも評判の消臭靴下をレビューしました!

リンマーを実際に履いてみた

早速リンマーを購入しました。

リンマーのレターパック

アニセ薬用石鹸菌ピタ君(販売会社は同じです)の記事でも書きましたが、ポスト投函だから、不在で荷物を受け取れないなんてことがないのが嬉しいポイント。

中身はこんな感じです。

リンマーのセット内容

リンマーと商品説明書、お礼の手紙が入ってました。
箱の裏には商品の特徴と使用上の注意があります。

リンマーの箱の裏

それでは、早速開けてみましょう。
ちなみに、男性用Lサイズ(26~28cm)を購入しました。

リンマー(袋未開封)

袋を開けると・・・

リンマー(袋開封)

ここまで丈の長い靴下を履いたことはないので、ちょっとビビりました。
実際に履いてみました。

リンマーを履いた足全体

kusao
kusao

女子か!って感じの丈ですよね

割とスムーズに履けました。それにしても美脚ですよね。
箱裏の説明にもありましたが、足首あたりが少しキュッとなっています。

kusao
kusao

丈がかなり長いですが、色も黒なのでビジネススタイルなら全く問題なしですね。
女性ならカジュアルでもOKでしょう。

あと、この写真を撮った日は9月後半でまだまだ暑かったのですが、リンマーを履いてしばらくすると、な~んとなくヒンヤリするような感覚がありました。
通気性がいいのでしょうか、夏場でも快適に履けそうです。(公式サイトでは保温効果があると書かれてました)

リンマー太もも辺りの透け具合 リンマー足元の透け具合

かかとや、特に太もも辺りが透けているのが分かります。
あとは一日履いてみて、その消臭効果を確かめてみましょう。

リンマーを一日履いてみた結果

どっちが良いのかな?

結論:しっかり消臭してくれました。

靴を脱いだ時のニオイもそうですが、五本指タイプでもないのに蒸れてる感じが少ないように思いました。
もちろん足指のニオイも抑えてくれていましたよ。
あと、リンマーを履いた日は靴を脱いだ時の足形がつかなかったのもオドロキでした。

消臭靴下としての役割はしっかり果たしてくれたでしょう。

肌寒い日もポカポカしました

公式サイトにも書かれてましたが、リンマーを履くと保温してくれるようです。
ちょっと肌寒い日に履いてると、じんわりと暖かさを感じました。

冷え性の方にもおすすめですよ。
後で詳しく述べますが、竹炭が配合されているので保温効果もあります。

履いて分かった、リンマーの欠点とは

履き口の締め付けが強かったのか、脱ぐとしっかり跡形がついてました。
足ががっちりしている人は少しキツイと感じるかもしれません。

でも、洗濯して何度か使うと締め付けもゆるくなったので、違和感はなくなりました。

リンマーの消臭の仕組み

靴下のニオイが気になる!

リンマーが消臭効果のあることは分かりました。
ここからは、リンマーがなぜ消臭効果を発揮するのか、公式サイトよりも詳し目に解説してみます。

キーワードは「炭」です。

「炭」がニオイを捕まえる仕組み

ここで簡単に、「炭」がニオイ成分を捕まえる仕組みについて解説しておきます。

炭というのは表面に無数の小さな穴が開いています。
この穴の中に、ニオイ成分や湿気などが入ることで、空気中に出られなくなります。

kusao
kusao

そもそもヒトがニオイを感じるのは、鼻の粘膜に臭い成分が付着するから。
ですから、ニオイ成分が空気中に出なければ臭いがしない、というわけ。

よくスーパーや薬局でも売ってるような炭を使った脱臭剤・除湿剤は、この仕組みを利用しています。
そして、消臭靴下を含むこうした製品には「活性炭」という、通常の炭より穴の表面積を大きくしたもの(製品によりますが、活性炭1g当たり1000~2000m2くらい)がよく使われています。

一般の消臭靴下があまり効果のない理由

炭がニオイに効果のある理由がなんとなく分かっていただけましたか?
しかし、炭による消臭には一つ欠点があります。
それは、炭表面の穴が埋まってしまったら、消臭・除湿効果がなくなるということです。

もちろん、いったん捕まえたニオイ成分を離すことができればいいのですが、活性炭だとそれができません。
天日干しをすることで、多少は水分が蒸発するかもしれませんが、基本的に一度埋まった表面の穴は空くことはありません。

スーパーやホームセンターなどで販売されている「炭を配合した消臭靴下」の効果が長続きしないのはこうした理由があったんですね。

そしてもう一つ。
洗濯することで有効成分が剥がれてしまい、消臭効果を失ってしまうという欠点があります。
靴下ですから、一回履いたら洗濯しますよね。
安い消臭靴下だと、繊維の間に炭を加えてるだけなので、洗濯するとどんどん剥がれ落ちて、普通の靴下になっちゃいます。

「リンマー」に使われている炭は・・・

「リンマー」に使われている炭は「備長竹炭」です。
備長竹炭とは、「竹炭」を高温で焼くことでつくられる、高級な竹炭のこと。
竹炭は脱臭剤などに使われる「活性炭」よりも、強力な脱臭効果を持ちます。

それぞれの炭の性質について、同じく備長竹炭を使用している菌ピタ君の記事から転載します。

活性炭竹炭備長竹炭
1g当たりの穴の表面積1000~2000m2300m2700m2
消臭の仕組み表面の穴にニオイを吸着する
抗菌作用弱アルカリ性~アルカリ性
製品による活性ケイ酸
天日干しすると・・・基本的に吸着したものは取れない取り込んだニオイを空気中に放出する
寿命使い捨て半永久

つまり、「備長竹炭」を使っている「リンマー」は、
・通常の消臭靴下に比べて約7倍ニオイ成分や湿気を吸着できる
・繰り返し使用しても消臭効果が持続する

のです。

確かに活性炭は表面積の大きさで言えば有利です。
しかし、使い捨てであることを考えると竹炭や備長竹炭の方が圧倒的にコスパが良いですよ。

kusao
kusao

なるほど、どうやらリンマーの消臭効果は長続きしそうだ。

でも、洗濯したらどうなの?

他の「消臭」を謳う靴下は、何回か洗濯したら、消臭効果が明らかに落ちたけど、リンマーは洗濯してもちゃんと消臭し続けてくれるの?

リンマーを洗濯しても消臭効果は持続するのか

洗濯を繰り返すと、靴下の繊維が傷みます。
繊維に炭を練りこんだ消臭靴下の場合、ふつうは炭が徐々に取れていき消臭効果がなくなってしまいます。

じゃあリンマーもそうなっちゃうの?という心配は無用。

実は、リンマーの繊維には備長竹炭のマイクロカプセルが練りこまれています。
洗濯しても、このマイクロカプセルが段階的につぶれていくことで、竹炭成分がしっかり繊維に残るように設計されています。

50回洗濯した時点でも、備長竹炭が繊維に残っていることが確認されています。

kusao
kusao

たった50回?と思ったのですが、よく考えてみると

リンマーを履く➡翌日に洗濯・乾燥する➡リンマーを履く・・・

の繰り返しで50回洗濯すると100日後、つまり3カ月後まで消臭効果が保証されているということになります。
ちなみに、一般的には靴下は100回ほどで寿命を迎えるそうです

消臭靴下によっては、2~3回で消臭効果がなくなってしまうことを考えれば、かなり経済的と言えます。

リンマーを最安値で買うには

お得に買うには?

市販されていない「リンマー」を買うことが出来るのは、公式サイトの他Amazonがあります。※私が見た時点では、Amazonでは在庫切れでしたので、販売価格は不明です。

私は公式サイトで購入したのですが、公式サイトで買うと「初回限定のまとめ買いキャンペーン」が使えます。

まとめ買いキャンペーン

kusao
kusao

リンマーは通常1足2,280円と、靴下としてはかなり高めです。
私も最初はビビりました。

そこで「リンマー」は現在、まとめ買いキャンペーンというものをやっているようです。

具体的には3足買うと通常の52%割り引きの3,240円(+送料360円)、6足買うと61%割り引きの5,280円(送料無料)で手に入れることができます。

前章で解説したように、リンマー一足あたり100日使えるとすれば、3足まとめ買いで300日(1日あたり10.9円)、6足まとめ買いで600日(1日あたり8.8円)使い続けることが出来ます。

もちろん、無理にまとめて買う必要はありません。
高い買い物ですし、まずは一足買ってみて、これはいいなと思ったら追加購入でも十分でしょう。

ちなみに一足以上買えば、次回以降は割引価格で購入できますが、それでもここまで安く買えるチャンスは、これが最初で最後になっています。

購入者限定!?リンマーを無料でゲットできる方法

購入してから2週間ほど経った頃、リンマー販売会社からメールが届きました。
件名は「応募者全員プレゼントキャンペーン」

内容を要約すると・・・

リンマーを使った感想を書いて、実際に使ってる写真を送ってくれたら、全員にリンマー2足プレゼントしちゃうよ!

これ、すごくないですか?
普通に買ったら、2足4,560円するんですよ。
それがタダ。

リンマーは確かに効果バツグンだけど、買い増しするのはちょっと・・・と私のような貧乏人は思ってしまうわけです。
そんな私の心の声が聞こえたかのようなキャンペーン。

私は今回3足まとめ買いしたので、実質3足+2足の5足で3,600円(送料込み)ですから、一足当たり720円でリンマーをゲットできたことになります。

定価2,280円から考えれば約70%OFFという超破格。
500日リンマーが使えて、一日あたりでいうと7.2円。

この応募者全員キャンペーンもいつまでやるかは分からないので、気になる方はお早めにどうぞ。

まとめ

リンマー購入してみた

消臭靴下は数多くありますが、吸着効果の高い「備長竹炭」が使われた消臭靴下はリンマー以外見たことがありません。
履くだけで足の臭いを消臭してくれるのだから、リンマーはビジネスマンのニオイ問題解消にピッタリだと思いました。

ただ男性の場合、夏のカジュアルスタイルに履くには難ありかもしれません。
ひざ下に型もついてしまうので、そこは注意ですね。

いろいろ消臭対策するのがめんどくさい!というならこの靴下一つでもかなり効果的です。
寒い日でもポカポカしますから、冷え性対策にも効果ありです。

消臭靴下リンマー公式サイト

 

※今までたくさんの消臭靴下を試してきた経験から、トップ3を選びました。

⇒消臭靴下おすすめランキング【トップ3】

コメント

タイトルとURLをコピーしました