足の臭いはミョウバンで消す!重曹と合わせて足湯すれば効果アップ!

ミョウバン効果はある?ネットで話題の消臭グッズ

こんにちは、kusaoです。

先日、近所のスーパーで「ミョウバン石鹸」が売っていました。
パッケージを見たら「体臭が気になる方へ」と書いてあったんですよね。

実は、ミョウバンは世界最古のデオドラント剤と言われています。

kusao
kusao

世界最古ってすごいですねぇ。

なんでも、古代ローマ時代から現代までずっと使われ続けているそうですよ。

ネットでも重曹と並んでよく紹介されているミョウバン。

ちなみに、私がずっと愛用している「アニセ薬用石鹸」や消臭パウダー「デオストップ」にもミョウバンが含まれています。  

スーパーでも安く手に入るミョウバン。
この記事では、ミョウバンを使ってお手軽にできるニオイ対策についてまとめています。

参考にしてみてくださいね。

ミョウバンの消臭の仕組みとは

焼きミョウバン

制汗剤

ミョウバンとは、もともと天然の鉱物です。
その性質は古くから知られていて、現代でも様々な消臭グッズに利用されています。
古くから使われていることもあって、肌への安全性も高く安心です。

kusao
kusao

古代ローマ時代から制汗剤として使われたほど、古くから制汗作用が知られていました。

でも、なぜこの制汗作用がはたらくのか、ハッキリしたことが分かっていません。

「汗腺」(汗が出るところ)を引き締めるから、汗が減ると考えられています。

足が臭くなる主な原因は、繁殖した雑菌がニオイ成分を出すから。

そのニオイはイソ吉草酸や酢酸など、酸性の臭いです。

汗そのものが臭いことはほとんどないのですが、汗をかくことで湿度が上がり、雑菌の繁殖が進みます。

ですから、汗を抑えることで間接的に足の臭いを抑えることになります。

制菌作用

ミョウバンには制菌作用があります。

似たような言葉に「除菌」があるので、ちょっとややこしいですね。

kusao
kusao

制菌っていうのは「菌をこれ以上増やさないように減らし、制御する」ということ。

それに対して除菌は、言葉の通り菌を除去するってことなんです。

菌を減らしさえすればいいから、たとえば水で手を洗って一個でも菌が減れば「除菌した」ことになります。

除菌と言う表現は便利なので、例えばホントは「殺菌」効果があっても医薬品・医薬部外品じゃないから殺菌を謳えない時にも使われます。

じゃあ殺菌って何なの?っていうとですね・・・

とまぁ、語りだすと長くなるので割愛しますが、要するにミョウバンには雑菌を減らす効果があると覚えていただければ大丈夫です。
もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

殺菌、除菌、抗菌、制菌、静菌、離菌?…違いを説明できますか?

さて、ミョウバンが水と反応すると酸性になり、酸性条件下では足に生息する雑菌の繁殖が抑えられます。

アルカリ性のニオイの消臭

kusao
kusao

さらに、酸性であるということはアルカリ性の物質と反応して中和するということです。

疲れが溜まっているときやお酒を飲んだとき、自分の体からおしっこみたいな臭いがした経験はありませんか?

あれは、体からアンモニア臭が漏れちゃってるんですよ。

アンモニア臭、別名「疲労臭」ともいいます。
アンモニアはアルカリ性なので、ミョウバンを使えばニオイを中和できます。

ミョウバンのデメリットとは

メリットとデメリット

ここまでミョウバンのメリットについて解説してきました。
ミョウバンは長年人類に愛されたデオドラント剤だけあって、その効果は確かです。

ですが、ミョウバンも完璧ではありません。

kusao
kusao

前章でも解説したように、ミョウバン水が酸性だから酸性のニオイには効果がありません。

つまり、イソ吉草酸(足・靴下のニオイなどの酸性の臭いを消すことはできないというのが欠点です。

酸性の臭いを直接消すには、アルカリ性である重曹セスキ炭酸ソーダが効果的です。

とはいえ、それでも長く使われてきているということは、やはり優秀なデオドラント剤なのでしょうね。

ミョウバンの性質まとめ

どっちが良いのかな?

ここまで解説してきたミョウバンの性質についてまとめます。

ミョウバンのメリット

安全性が高い

古代から使われていたということもあり、後で紹介する用量を間違えずに使用していれば、肌へのトラブルも少なく安全に使えます

安価で手に入りやすい

身近にある商品という点も、大切なメリットですね。

スーパーや薬局で売っています。 ちなみにスーパーだと、漬物売り場などで売ってることは料理好きな人ならよく知っているかもしれませんね。(ミョウバン、あるいは焼きミョウバンでも同じ効果を得られます)  

安いものだと、数十円で100g入りのものが買えますよ。
30gあれば結構長い期間使えますから、コスパも良いです。

雑菌の繁殖を抑え、アンモニア臭を打ち消す

先ほども書きましたが、ミョウバン水は酸性ですので、肌にかければ皮膚表面での雑菌の繁殖を抑えることができます。

また、アルカリ性であるツーンとしたアンモニア臭を打ち消すことができます。

ミョウバンのデメリット

酸性のニオイ(イソ吉草酸)には効かない

足のニオイの大きな原因の一つ、「イソ吉草酸」は酸性です。

ですから酸性であるミョウバン水では、このイソ吉草酸を打ち消すことが出来ません。
いわゆる「足のニオイ」と聞いてみなさんがイメージするのが、イソ吉草酸のニオイなのです。

そのニオイに効果がない、というのがミョウバンのデメリットです。

ミョウバン水について

消臭スプレー(ミスト)

先ほどミョウバンは手軽に手に入るアイテムだと述べました。

ミョウバンを使った消臭グッズは数多くありますが、自分でミョウバンそのものを買ってきて何か消臭対策はできないのでしょうか?

kusao
kusao

ミョウバンを使って、自分でお手軽に除菌スプレーが簡単につくれます。

他にはミョウバン足湯なんてのもアリです。

ミョウバンスプレーの作り方

履き終わった靴に手作りミョウバンスプレーをかけておけば、除菌効果が期待できます。

作り方もカンタンです。
材料は3つだけ。

  • ミョウバンor焼きミョウバン 10g
  • 水道水300ml
  • ペットボトル(500mlサイズ)

ちなみに、ミネラルウォーターではなく水道水を使うのは、水道水に含まれる塩素によってミョウバン水が腐るのを遅らせるためです。

では、スプレー原液となるミョウバン水を作りましょう。

ミョウバン水の作り方

では、作り方です。

①水300mlをペットボトルに入れる
②ミョウバン10gをこぼさないように、ペットボトルに入れる
③よく振る

以上!

ミョウバンを入れる際は、ロートや薬包紙などを使うと入れやすくなりますよ。

kusao
kusao

ミョウバンは水に溶けにくいので、しっかり振り混ぜたらしばらく放置してください。

ミョウバンの溶け残りが出てきたら、また振るのを繰り返します。

2,3日かかる場合もあるけど大丈夫。

透明になったら完成ですよ。

ペットボトルに入れたのは、使いやすいのと、中が見えるようにって意味もあります。

冷蔵庫で保管すれば、1ヶ月程度は持ちます。
これはミョウバン水の原液ですから、実際に使う時はさらに薄めます。

※原液は間違って飲まないよう、ペットボトルにキチンと分かるように書いておくことをおすすめします。

ミョウバン水の使い方

さて、無事完成したミョウバン水ですが、このままでは酸性が強すぎるので10倍~30倍に薄めてから使います。

念のため、初めて使う際は30倍に薄めてからにしてください。
敏感肌の方だと影響がある可能性があります。
薄めたミョウバン水は冷蔵庫で1週間を目安に使い切りましょう。

霧吹きに入れて手作り消臭スプレーにすれば、携帯も可能ですね。

また、ミョウバン水原液をお湯で薄めてミョウバン足湯にするのもOK。

洗面器にお湯とミョウバン水を入れ、よく混ぜてから10分程度つかるだけ

ただし、足に傷がある場合はしみるので、濃度を薄くしてください。

重曹と組み合わせると、効果アップ!

重曹

先ほど、酸性の臭いには重曹が効果的、という話をしました。

ということは、ミョウバンと重曹を組み合わせて使うとより消臭できるのでは?と考えました。
手順としては、重曹足湯でイソ吉草酸のニオイを消した後の足に、ミョウバン足湯をするだけ。

重曹足湯の作り方については、別記事を参照してください。

重曹で足の臭いが取れる!?試して分かった、効果的な使い方とは?

これでニオイの元も、原因となる雑菌の繁殖も抑えられます。

まとめ

ミョウバン
kusao
kusao

ミョウバンは、足のニオイ対策に使えて、しかも安く簡単に手に入る便利アイテム。とはいっても、ミョウバンだけでは物足りないので重曹と組み合わせて使うといった工夫もありですね。

冒頭でも書きましたが、ミョウバンを使った消臭グッズは数多く世に出ています。
私が実際に使ってみたレビュー記事を書いていますので、参考にしてみてください。

⇒アニセ薬用石鹸は1週間で消臭効果を実感!口コミを検証してみました

⇒【リピート決定】デオストップの口コミ満足度が高い!使い方もラクチン

コメント

タイトルとURLをコピーしました