【リピート決定】デオストップの口コミ満足度が高い!使い方もラクチン

デオストップ本体体験レビュー記事

こんにちは、kusaoです。

仕事で使う革靴や、作業靴のニオイ、消臭スプレーでごまかしてませんか?

とりあえずいい香りのスプレーしておけばいいだろう・・・では、いつまでたっても嫌なニオイは取れません。

靴の臭いって、ホントに厄介!

こまめに洗えたら一番いいんだろうけど、そんな時間もヒマもないくらい忙しいし、そもそも革靴とか会社支給の靴ってなかなか洗えないですよね。

私自身も長年悩んでいました。

そんなときに見つけたのが、「デオストップ(DeoStop)」という消臭パウダー。

かれこれ1年以上使ってますが、デオストップなら靴に振りかけるだけなので、ニオイ対策してることが外からもバレないし、ほんの数秒で臭い対策ができるのでラクチンです

kusao
kusao
最初はグラ〇ズレメディのコピー商品だと思ってたんですよね。

グランズレ〇ディは使ったことはあるんですが、確かに効果はあったけど、いちいちスプーンで量り取ったり面倒だなぁと感じてました。

 なので、デオストップについても最初はどうかと思ってましたが・・・   グランズレメディより断然使いやすいので、めちゃくちゃオススメ!しかもグランズレメディより安いし・・・

自宅で使うのはもちろん、会社で汗まみれになることもあるので、私は自宅と会社用の2つ持ってます。

デオストップの使い方

デオストップ本体

実物はこんな感じで、片手で十分持てる大きさです。

デオストップ本体裏側

パッケージに書いてありますが、靴の中にふりかけて使う消臭パウダーです。

手を汚さず使えるのがポイントですね。

使用方法のところに「約1g分ずつふりかけます」と書いてあるんですが、

kusao
kusao
1gって毎回測るの?
めんどくさ!!

と思って調べてみたんです。

すると「靴に片方ずつ2~3回振るようにしてください」とありました。

kusao
kusao
ていうか、そういうことは本体にも書いてた方がいいんじゃない?

と思ったのはナイショ。

ちなみに、デオストップは内容量60gとなっています。

毎日使うとすれば、両足で一日2gですから60÷2=30、30日使えるってことですよね。

でも、これはあくまで毎日使った時の話

デオストップをある程度使い続けると、だんだん臭いが気にならなくなります。

最長半年も無臭が続くらしいです。

ホンマかいな!?と疑いそうになりますが、でもそうなれば毎日振りかける必要がなくなるってことで、コスパもいいんですよね。

では、実際に使ってみましょう。

デオストップの使い方の手順レビュー

デオストップのふたを開けた

kusao
kusao
とても使いやすい形で、1回振ると、結構しっかりした量が出てきます

初めて使うときは、たっぷり振りかけるのがおすすめです。

フタを開けて、左右の靴に2~3回ずつフリフリします。

デオストップを靴の中に振りかけたら、靴を持ってつま先の方を床にトントン、かかとの方を床にトントン・・・ デオストップの粉がまんべんなくいきわたるようにします。

粉がサラサラしていてダマになりにくいので、全体にサッとなじみやすいです。

あぁ、でも一番ニオイがきついのは指先の方だから、つま先の方に多くいきわたるようにするのもアリですね。

デオストップとグランズレメディとの違いは、成分量と使いやすさ!

デオストップと同じタイプの商品であるグランズレメディとの違いは、

  • グランズレメディは海外産、デオストップは国産
  • デオストップの方が有効成分が多い
  • デオストップの方がカンタンに使える

ということです。 デオストップとグランズレメディの成分についてまとめました。

 デオストップグランズレメディ
成分名タルク ミョウバン 炭酸水素Na トルマリン シメン5-オールタルク ミョウバン 酸化亜鉛

デオストップの成分詳細については、後ほど解説します。

グランズレメディは、タルクとミョウバン以外に「酸化亜鉛」という、皮膚の保護作用がある成分が含まれています。

kusao
kusao
ちなみにタルクと酸化亜鉛は、ベビーパウダーにも含まれています。

デオストップは、タルクとミョウバン以外に「汗臭さ」の原因であるアンモニア消臭に効果のある”炭酸水素Na”や”トルマリン”、除菌効果のある”シメン-5-オール”が配合されています。

ということで、消臭成分についてはデオストップの方が有利です。

使用量を守っていれば、直接皮膚に触れるものではないので皮膚が荒れるということもありません。

簡単に使える、という点でもデオストップが圧勝

スプーンを使わずにただふりかけるだけですから、手間もかからないし、手も汚れません。

kusao
kusao
こうした理由から、私的にはデオストップ一択なんですよ。
ネットでの評判を見てると、靴の消臭パウダーと言ったらグランズレメディを推す人が多い印象。

もしかして、デオストップのことあんまり知らないのかな?
だとしたら、めちゃくちゃ損だと思うんですよね。
使いやすくて(振りかけやすさや一回振った時に出る粉の量もちょうどよい!)

しかもグランズレメディより安いし←2回目(笑)  
そもそも、グランズレメディみたいに、スプーンでいちいち測って使うのめんどくさくないですか?

デオストップを使ってみた感想

kusao
kusao
当たり前ですが、靴を履いた時にこの白い粉が靴下にくっつきます。
ですが、粉がサラサラなこともあって、特に変な感触もなく、気になりません。

この粉は履き続けると、足の汗に溶けて徐々に消えていきます

なので、靴に振りかけて履いてすぐに脱いでしまうと、粉が靴下にくっついたままになります。

靴をこまめに脱ぐことがあるので見た目が気になる、と言う人は使う量を少し減らすのもアリですね。

デオストップは消臭効果バツグン!

販売サイトには「毎日1週間ほど使い続けると効果は最大6カ月」とありました。

で、私の場合は5日目ぐらいから靴の臭いがほとんど気にならなくなりました。

この記事を作るにあたって、毎日脱いだ後の作業靴のニオイを嗅ぐようにしたんです。

デオストップを使い始める前と5日後では、臭いが明らかに減りました。

手間もかからないので続けるのもラクチン。

ニオイが減ったら、数日間使わなくてもニオイ戻りがありません。

先ほども書きましたが、かなり長く使えるという点で、コスパにも優れていますよね。

消臭インソールとの併用はやめましょう

kusao
kusao
消臭インソールの上にデオストップを振りかけて使うと、デオストップの粉がインソールの繊維の中に詰まってしまいます。
すると、インソールの消臭効果がなくなるどころか、最悪の場合、消臭インソールとしての寿命を縮めることにも・・・  

消臭インソールとの併用は、避けた方が良いでしょう。

デオストップの成分について

成分表示を見る人

前章で少し触れましたが、デオストップの成分は 「タルク」「ミョウバン」「炭酸水素Na」「トルマリン」「シメン-5-オール」です。

一つずつ見ていきますね。

タルク

おしろいやベビーパウダーによく使われる「滑石」という鉱石です。 吸着力をアップさせ、滑りやすくすることで使い心地を上げてくれます。

タルクの気になるニュース

2019年10月19日、CMでもおなじみアメリカの大手日用品メーカーである「J & J(ジョンソンエンドジョンソン)」が、販売しているベビーパウダーにアスベストが混入しているとして自主回収を実施した、というニュースがありました。

このニュースに関して「やっぱりタルクは危ないんだよ」「ベビーパウダーは危険だ」などといった書き込みが多々見受けられました。

ですが日本国内で使用されるタルクは、法律上「アスベストが含まれていないもの」しか使用できない制度になっています。

デオストップは日本製なので、使われる原料も日本の法律・制度に従ったものだけしか使えません。

必要以上に気にする必要はないでしょう。

※J&Jのベビーパウダーに使われているタルクの原産地は不明ですが、おそらく日本で使われているタルクとは異なると思われます。

ミョウバン

世界最古のデオドラント剤としても有名なミョウバンは「制汗作用」「制菌作用」の他に、アンモニアの「汗臭さ」を消してくれます。

kusao
kusao
汗がおしっこ臭いなと思ったことはありませんか?
あれこそが、アンモニア臭です。

汗をたっぷりかくときって、体が疲れてますよね。

このとき、アンモニアを処理する肝臓も疲労してアンモニアの処理が追い付かなくなります。

そうなると、アンモニアが血流に乗って全身に巡り、汗とともに放出されることで臭くなってしまいます。
他にも、お酒を飲むと肝臓のアンモニア処理能力が低下するのでアンモニア臭くなりがちです。

アンモニアは、アルカリ性。

一方、ミョウバンが水つまり汗に触れると酸性になります。

このミョウバン水がアンモニアと中和反応して、臭いを消してくれるというわけです。

ミョウバンについて詳しくはこちらの記事でも解説しています。

⇒足の臭いにミョウバンは効果あり!?重曹と組み合わせるとさらに…

炭酸水素Na

Naはナトリウムのことですが、「重曹」と言った方がわかりやすいですね。

よく足の臭いを「納豆クサイ」ということがありますが、これは「イソ吉草酸」に代表される酸性物質の発するニオイなんです。

一方、重曹はアルカリ性ですから、イソ吉草酸と中和反応して臭いを消してくれますよ。

重曹について詳しくはこちらの記事でも解説しています。

⇒重曹で足の臭いが取れる!?試して分かった、効果的な使い方とは?

トルマリン

トルマリン

トルマリンと聞くと、なんだか怪しいイメージがあるのは私だけでしょうか?

その昔、付けているだけで幸運になるという「トルマリンネックレス」なんかも流行ったような・・・

kusao
kusao
幸運になるかは置いておくとして・・・ トルマリンにはアンモニア消臭効果があります。
この効果を利用して、ペット関連のグッズにも使われています。

シメン-5-オール

別名「イソプロピルメチルフェノール」。

除菌・抗菌作用があります。

靴の中で繁殖した雑菌がイソ吉草酸などのクサイ物質を発生させるので、 除菌・抗菌して雑菌の繁殖を抑え、雑菌が出す臭いを抑えることにつながります。

デオストップの口コミ、評判は?

口コミを聞く人

デオストップを使った人たちは、どのように評価したのでしょうか。

楽天の商品ページの口コミや評判をまとめました。

ホントに臭くなくなった!
感激!

なくなったらリピートします。

(20代 女性)

夏も冬も、クラブなどで靴が蒸れて臭う息子の為に買いました。  

効果があればいいなぁと思い使用したら、ちゃんと消臭してくれました!  

ボトルの造りも良くて、靴のなかに直接フリフリと粉を振りかけ、靴をナナメにしたりしてポンポンと全体に広げるだけ。

手も汚れず、床にこぼすこと無く、とっても簡単でした!!

(40代 男性)

リピートしました。

振りかける容器なのでこぼれない、飛び散らない。 靴の中に突っ込んで一振りするだけ。  

以前はグランズレメディのジャータイプを使っていましたが、付属の小さいスプーンでちまちま・・・ってのが面倒だし、こぼれるし、飛び散るしでストレスでした。

効き目はグランズレメディと変わらないので、断然こちらがお勧めです。

(40代 女性)

消臭力の高さ以外にも口コミで多かったのが、「使いやすい」という意見。

スプーンで振りかけるのは手間だし、急いでるときに手や床にこぼれたりしてイライラしてたんですよ。

それがデオストップにはないうえに、ちゃんと消臭してくれる。

ここはホントに良かった~とオススメできる点なので、何度でもお伝えしたいところです。

まとめ

靴の臭い、気になりませんか?

お手軽に使えるデオストップ、続けていくと確かに消臭効果はありました。

kusao
kusao
確かな消臭効果、コスパの良さもそうですが、私は何よりストレスなく使い続けられる、と言う点がデオストップの大きなメリットだと思いました。  

足の臭い対策は毎日続けることが大事なので、続けていてイライラしない、ストレスにならないというのはかなり大きいです。

通勤前の忙しい時でもサッと使えるのはありがたいですよね。

靴の臭いが気になるなら、一度試す価値ありです。

あ、ちなみに私は楽天で購入しましたが、公式販売サイトは特にありませんでした。

楽天以外にはアマゾンやヤフーショッピングなどで買えるみたいですね。

どこで買っても値段は特に変わらないみたいなので、お好きな所からどうぞ。 まとめて買うとオトクです。

自宅用と会社用だけでなく、たっぷり使いたい人にもまとめ買いはおすすめ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました