アルコールで足や靴の臭いは取れる?正しく使わないと意味がない!

アルコールで足の臭いは取れる?効果はある?ネットで話題の消臭グッズ

どうも、足の臭いに定評のあるkusaoです。
当ブログを読んでくれているということは、あなたも足の臭いで悩んだ経験があることでしょう。
特に革靴が標準装備なサラリーマンには、悩みの種ですよね。

他の記事でも何度か解説していますが、足が臭いのは雑菌が繁殖してイソ吉草酸などのニオイ成分を出すからです。

kusao
kusao

ということは、ですよ。
雑菌がいなくなったらニオイもなくなるということですよね。

 

・・・あっ、ひらめいた!

アルコールで殺菌すればいいんじゃないのか!?

臭いの元である雑菌を無くせば、足のニオイも消えそうな気がしますよね。

では実際には効果があるのでしょうか?
また、アルコールを使う際の注意点はどんなものがあるのでしょうか?

アルコールで足や靴の臭いは消える?

除菌!

実際にアルコールを足や靴にかけてみました。
その効果は・・・

何もしないよりマシ?

これが結論です。
でも、理屈を考えれば当然かなと言う感じ。
なぜならアルコールで雑菌を除去できますが、イソ吉草酸をやっつけることはできないからです。

アルコールを靴にかけたらどうなるかというと、
雑菌を除去する
➡イソ吉草酸がそれ以上増えなくなる
➡時間がたつと少しずつ靴の中のイソ吉草酸が減っていく(※アルコールのおかげではなく、空気中に逃げていく)
➡靴のニオイが減ったように感じる

という流れになっています。

kusao
kusao

もちろん、除菌することは臭いだけでなく、清潔に靴を履き続けるという意味でも有効です。

つけ置きなら効果はあるけど・・・

単にアルコールを靴にかけるだけでは足りないくらいに、靴の中に雑菌が繁殖しているんです。
一日履いた靴の中は想像以上に汚いですからね。→靴が臭いのには理由がある!今すぐできる靴のお手入れ方法とは!?

本気で除菌するなら、たっぷりのアルコールを使って靴や靴下のつけ置きが一番です。
ただし、大量に必要になるのでかなり高価になるうえ、一度きりしか使えません。

 

kusao
kusao

つけ置き除菌なら、「塩化ベンザルコニウム」が配合された「オスバン」がおススメです。
500倍程度に薄めて使うので経済的ですし、手指消毒にも使えるのでウイルス対策にもなります。

→塩化ベンザルコニウムで靴の臭いを消す!オスバンでカンタン除菌!

 

イソ吉草酸とアルコールについて(※ちょっとした豆知識)

(少し専門的なハナシ&トリビアなので、この項目は飛ばしていただいて大丈夫です)

アルコールはイソ吉草酸をやっつけることはできませんが、反応することができます。

アルコール(エタノール)とイソ吉草酸は、硫酸を触媒(化学反応を進行しやすくしてくれる物質)にすると、エステル化という化学反応をしてイソ吉草酸エチルになります。

実はこの「イソ吉草酸エチル」、りんごのような、甘~い香りがするんです。
いちごなどにも含まれる香り成分なんですよ。

kusao
kusao

なるほど、硫酸があればいい匂いにすることができるんだね。
じゃあ硫酸ってどこで買えるんだろう・・・

なんて思った方、硫酸はとっても危険なので絶対やっちゃダメ!!です。
仮に専門的な知識があったからといって、イソ吉草酸が発生するたびに硫酸を使って反応させるなんて非効率すぎますからね。

kusao
kusao

ちょっとしたことで悪臭をいい香りに出来るなんて、化学ってすごいなぁと思ったのでちょっと書いてみました。

アルコールを直接足に塗るよりは除菌シート?

除菌シートで足を拭く

ここからは本題に戻ります。

アルコールをかけるだけでは効果がないって書いてしまいましたが、念のため注意事項をまとめておきます。

肌に直接アルコールを塗るのはどうなの?

靴にアルコールをかけたら、しっかり乾いてから履くようにしましょう。
量やアルコール濃度にもよりますが、直接肌に触れると皮脂がとれてしまいます

皮脂がなくなることで皮膚のバリアがなくなり、肌が荒れます。
この荒れたところに雑菌が入り込みやすくなり、結果として雑菌が繁殖してしまうという悪循環に。

また足に直接かけてしまうと、皮膚の常在菌のバランスが崩れてしまいます。
これがさらなる雑菌の繁殖の原因にもなる可能性があるんです。

皮膚の常在菌のバランスが崩れると・・・

足の皮膚表面には雑菌以外にも体を守る菌などがたくさんおり、これを常在菌といいます。
常在菌には外敵から身を守る善玉菌と、雑菌などの悪玉菌があり、それぞれ適正な数だけ存在することでバランスが保たれているんです。

そんなところにアルコールを直接かけることで、常在菌がやられてしまうため、この適正なバランスが崩れてしまいます。

そうなると、「黄色ブドウ球菌」が今がチャンスとばかりに繁殖しまくって、アンモニア臭の元となる物質を作り出します。
「ツーン」とした嫌なニオイの元です。

ですので、足に直接アルコールをかけてもあまり意味がないと言えるでしょう。

除菌シートを使うほうが無難か

除菌シートは体を拭くことを前提に作られているので、直接アルコールをかけるより安全です。

kusao
kusao

足をこまめにふき取れば、汗も臭いも落とすことができます。

出先で足の臭いが気になるときの応急処置として効果的

靴を拭く際は、先にホコリを払ってから拭くようにしましょう。
靴の繊維の中に細かなホコリが入り込んでしまいます。

また、靴の素材によってはアルコールで色落ちする可能性があるので、素材を確認するようにしましょう。

まとめ

アルコールで足の臭いは取れるのか・・・?

この記事のまとめです。
・アルコールを直接肌にかけるのはあまり効果を感じられなかった
・応急処置として、除菌シートでこまめに足を拭く方法がある
・つけ置きするなら、アルコールより塩化ベンザルコニウムの方がおススメ

アルコールだけでは、足の臭いを消すのは難しいです。
もっとほかの方法やグッズを使うほうがおススメ。

当ブログでは、様々な消臭グッズをレビューしています。
参考にしてみてください。

管理人オススメの消臭グッズの体験レビュー記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました