男の方が足臭い?おっさんは足が臭い?そんな単純な話じゃなかった…

カッコイイサラリーマン足の臭い
こんにちは、kusaoです。
kusao
kusao
私は妻と娘の3人暮らしなんですが、足が臭いのは私だけなんですよ。 家族で出かけて帰宅したときに、妻や娘の足の臭いをかいでみたんですが(変な趣味じゃないですよ!) 何となく汗で蒸れたようなニオイがするだけで、鼻を近づけない限り分かりませんでした。
「いや、ただお前が足臭いだけだろう」と突っ込まれるかもしれませんが、何か理由があるんじゃないか?と疑問がわいたんです。 年齢とか性別で足の臭いって変わるのかな?と気になったので調べてみました。

年齢によって足の臭いは変わる?

世代によって足の臭いは変わる? 結論から言いますと、年齢によってニオイは変わってきます。 足が臭い理由の主な原因が、繁殖した雑菌がエサ(皮脂や、剥がれ落ちた角質)を分解してニオイ成分を出すこと、という話は当ブログで何度か取り上げてきました。 年齢によってニオイが変わるということは、この雑菌の繁殖のしやすさが年齢によって異なってくるということなんです。

乳児まではほぼ無臭

特に離乳食が始まる前までの赤ちゃんって、いい匂いしますよね。 その理由は、母乳やミルク以外の食物を摂っていないから。
kusao
kusao
よくおむつを替えた時に全身のニオイをかいでたなぁ。 ・・・って、さっきからただのニオイフェチなおっさんみたいになってないか?
離乳食が始まるとうんちは硬く臭くなっていきますが、やはり足の臭いはしません。 まだこの時期は長時間外で遊ぶこともないですから、大量に汗をかく機会もなく、雑菌の繁殖もしづらいため、臭いません。

入園・入学した頃からニオイが気になる

保育園や幼稚園に入園するような時期になると、活発に外で走り回るようになります。 それでも真夏に一日外で走り回っても、子どもの靴下は何となく蒸れたニオイがするくらいで、大人のニオイに比べたらほぼ無臭です。 ただ、私の娘もそうですが、お気に入りの靴1足をずっと履きまくるので、靴に少しずつニオイが蓄積していきます。 なので、時々靴は洗ってあげましょう。 →靴が臭いのには理由がある!今すぐできる靴のお手入れ方法とは!?  小学校も高学年に近づくと、少し足が臭いかな?と感じるようになります。 かつて私自身がそうでしたが、毎日同じ靴を履いて外で遊びまわるんですから、そりゃあ臭いわけです。

10~20代は新陳代謝が活発

学生~若手社会人の年齢ですね。 一番活発な年齢層であり、汗をよくかきます。 足汗自体はニオイがしないのですが、水分があることで雑菌が活動しやすい環境になります。 学生だと部活動など、運動量が多いこともあり、大量の汗をかくことも雑菌の繁殖要因です。 またこの年代は、思春期が始まり、ホルモンバランスが乱れやすい時期でもあります。 思春期になると、それまではなかった顔の脂っぽさが気になったりしますね。 皮脂が出やすいということは、それだけ雑菌のエサが豊富だということ。 こうして、10~20代は雑菌が繁殖しやすいこともあって、ニオイやすいです。

30~40代はミドル脂臭に注意

30代になると、運動量は減り、体が丸みを帯びてくる年齢。 このころになると体内の酵素が減っていきます。 少しずつ老化が進んでいくんですね。 若い時のノリでお酒や脂っぽいものを摂り続けると、体内で腐敗してミドル脂臭の原因物質が作られます。 また、仕事の面でも責任ある立場に着くようになったり家庭を持ったりと、良くも悪くもストレスが増えていく時期。ストレスの増加は皮脂汚れを加速させ、余分な汗をかく原因にもなるので、ニオイの元になります。
kusao
kusao
さらに、ストレスは肝臓に負担がかかります。 肝臓のアンモニア分解能力が落ちることで、分解しきれなかったアンモニアが体中を巡り、汗とともにツーンとしたおしっこ臭いニオイを発生させます。  このニオイを「疲労臭」なんていうこともあります。

50代からは足の臭いが減っていく?

いわゆる加齢臭と呼ばれるニオイが出てくる年齢ですが、実は足の臭いは減っていく傾向にあります。 というのも、50代になると汗の量が減ってしまい、皮膚が乾燥しがちになるから。 乾燥条件では雑菌も生きることができないので、結果としてニオイがしにくくなるということです。 なんだか哀しい・・・

性別によって足の臭いは変わるのか?

性別で足の臭いは変わるのか? 何となくですけど、男の方が女性よりニオイがキツそうな気がします。 実際はどうなんでしょうか。 結論的には「性別によって足の臭いは変わる」。 足の臭いの原因は男女によって違いがあるからです。

皮脂や汗の量は男の方が多いけど・・・

一般的に男の方が運動量が多いので、汗や皮脂の量も多くなります。 なので、足の臭いも男の方がキツイのか・・・と思いきや、実はそうでもなかったりします。 女性の場合はストッキングやヒール、パンプスを履く機会が増えますが、実はこれが厄介なクセ者。ストッキングやヒールはとにかく汗を吸ってくれないので、常に足が蒸れ蒸れ状態になります。 そんな恰好で一日過ごしていれば、嫌でも足は臭くなります。 職場でも、気軽にストッキングをはき替えたりなんてのはタイヘンですから、ニオイ対策もしづらい。 とりあえずニオイをごまかそうと消臭スプレーをしたところで、その場しのぎにしかならないですね。 ヒールやパンプスも同様に吸水性が非常に悪い上に、足への負担がハンパないですよ。 特にヒールはかなり歩きづらいですからね。 就活シーズンになると、街に就活生と思しき女性が歩いていますが、特に階段を降りるときに少しガニ股になっちゃってる人いますもん。 ちなみに妻は専業主婦で、外で走り回ることもあまりない上に、ここ最近はスニーカーしか履いていないのでニオイがしにくいと考えられます。

ニオイ対策は男の方が敏感?

この章の冒頭で私が言ったように、女性より男の方が臭いと思っている人は意外といるようです。 実際、足の臭い対策グッズは男の方がよく使っているという調査結果が出ています。 男としても、女性は足が臭いイメージ持ってないですからね。 男女複数いる場面で足の臭いがしたら、やっぱり男の方が臭いんじゃないか?と疑いますから。 それに、男に対してなら足の臭いは指摘できるけど(それでもある程度親しくないと言いづらい)、女性に対しては言えないですよね。 そういったこともあり、女性自身が自分の臭いに気づきにくいということも考えられます。

まとめ

この記事のまとめです。
・10~20代は、足の臭いが最も強くなる時期 ・30~40代は運動量が減り、ストレスが増えて疲労臭が出やすい時期 ・50代以降は汗の量が減り、足の臭いが減る傾向にある時期 ・男女それぞれで足が臭いやすい原因が違うが、全く臭わないということはない
もちろん、自分は50過ぎてるから大丈夫、というわけではありませんよ。 足の臭いは周りに人からしたら、かなり不快なうえに指摘しづらいのでストレスの元です。
kusao
kusao
やはり年齢、性別問わずきちんと対策をしていくのがベストですね。
とはいえ、どんな消臭グッズを使ったらいいんだろう・・・と悩んでしまいますよね。 管理人が実際に使って、「これは効果あったな!」と実感した消臭グッズを紹介した記事をまとめたので、参考にしてみてください。 管理人オススメの消臭グッズの体験レビュー記事一覧

コメント

  1. でめきん より:

    kusaoさん
    こんにちわ!

    でめきんです。

    私は30~40代に当てはまるので、
    ミドル脂臭に注意ですね!!

    • kusaokusao より:

      でめきんさん
      コメントありがとうございます。

      私も同年代です。
      今のところ大丈夫だ・・・と思いたいのですが、今後はどうなるか分かりませんね。
      ミドル脂臭に限らず、年齢を重ねていくと体質がどんどん変化(老化?)していきます。

      そんな時でも現状をきちんと把握し、自分に合った適切な対策を取り続けることが大切だな、と感じます。

タイトルとURLをコピーしました