履き心地も大切!おすすめしたい消臭インソールをランキングで紹介!

インソールって臭くなりがち消臭インソール

こんにちは、kusaoです。

仕事から帰ってきて、あぁ、やっとくつろげるぜ~と思って靴を脱いだ瞬間

く、くっさ!!!!

脱いだ靴からありえないニオイがした経験、ありませんか?

kusao
kusao

帰宅した私が、靴を脱いでからしばらくすると、「玄関がケモノ臭い!?」と妻が玄関の方へ走ってきたことがあります。

靴は、どうしても構造的に臭いがこもりやすいんですよね。

特に、靴下と直接触れるインソールは、汗やニオイをたっぷり吸っているため、靴の臭いの大きな原因となります。

そこで役に立つのが消臭インソール。
安いものだと100均でも売ってますけど、実際使ってみると「あんまりニオイ取れてないじゃん・・・」とガッカリすることが多いんですよね。

何回か履いたら消臭効果が無くなっちゃうものも多いし。

希望を胸に消臭インソールを買ったのに、「またダメだったか・・・」と哀しい思いをするのはイヤだ!

ということで、この記事では、過去20種類以上は消臭インソールを試してきた私が、これはイイ!と実感できた商品をランキング形式で紹介していきます。

消臭インソールを選ぶ基準として、以下の4つに着目しました。

・消臭力
・履き心地(一日履いても疲れないか)
・寿命(どのくらい使えるか)
・価格の安さ
気になる消臭インソールがあれば、それぞれレビュー記事へのリンクも貼っているので、参考にしてみてください。

第1位:ブリーズエアーインソール

ブリーズブロンズ ブリーズエアーインソールの袋表面

消臭力4.5
履き心地5.0
寿命5.0
価格の安さ2.0

■kusaoのコメント
お値段が高いだけのことはあります。
消臭力、履き心地ともにバッチリ。

一日履いた後でも足や靴の臭い、足の指の蒸れもしっかり抑えてくれていました。

ブリーズエアーインソールは、高い消臭効果を持つ繊維に与えられるSEKマーク認証付き

よくある活性炭インソールのように、ニオイや汗を吸着させて消臭・防臭するのとは仕組みが違います。

なので、たとえ糸がほつれてボロボロになっても、消臭効果は発揮されます。

 

靴に触れる裏面は、

  • 通気性
  • 抗菌性
  • 弾力性
  • 滑りにくさ

を兼ね備えているので、一日履いていてもずれないし、足が痛くなることもなかったです。

この疲れにくい、というのもポイントですね。

 

しかも、汚れが気になった時は手洗いもOK。
まさに、ずっと(理論上、永久に)使い続けられる消臭インソールです。

海上自衛隊や介護・医療の現場での使用実績がある、というのも納得。
消臭インソールに迷ったら、これに決めたら間違いなし。

⇒この消臭インソールのレビューページはこちら

第2位:菌ピタ君

菌ピタ君は最強の消臭インソール!

消臭力5.0
履き心地2.5
寿命4.0
価格の安さ(まとめ買いした場合)4.0

■kusaoのコメント
消臭力に特化した消臭インソールです。

備長竹炭をたっぷり使っているので、ニオイや汗をしっかり吸着。
抗菌作用もあるので、臭いの根本原因である、雑菌の繁殖を抑えてくれます。

 

特徴的なのは、一日履いた菌ピタ君を2~3日干しておくと、ニオイや湿気を放出して吸着効果がリセットされる点。

これにより、ずっと消臭・除湿効果をキープできます。(実際には、表のメッシュ生地が傷んでくるので寿命としては6~12か月ほど)

 

ネット販売のみなのですが、30日間の返金保証制度があるのも安心できるポイント。


しかも初回限定でまとめ買いすると、1足当たりの価格がかなり安くなるのも嬉しいです。(ローテーションで使うことを考えると、まとめ買いがおすすめ)

 

気になる点としては、クッション性がないことと、靴の中でずれやすいこと。

滑り止めを使って固定するのもいいですが、菌ピタ君自体がとても薄いので、衝撃吸収インソールと合わせて使うのもアリですよ。

⇒この消臭インソールのレビューページはこちら

第3位:Gゼロインソール DX

GゼロインソールDX 表

消臭力3.5
履き心地4.5
寿命3.5
価格の安さ2.5

■kusaoのコメント
レジェンド松下さんが絶賛した、50万足以上も売れた「Gゼロインソール」の改良版。

 

本来は衝撃吸収がメインなのですが、蒸れもそこそこ抑えられているし、履き心地とのバランスがとても良かったです。

卵を落としても割れない!という衝撃吸収力が高いジェルクッションが入っているので、足への負担も少なめ。

 

さらに靴にセットしやすく、汚れも目立ちにくいので革靴に使っても違和感がありません。

 

ただ、よくキャッチコピーで言われてるような「無重力感」については、正直全く感じない、というか分かりませんでした(笑)

⇒この消臭インソールのレビューページはこちら

第4位:ジェルアクティブ エブリデイ

ジェルアクティブ

消臭力3.0
履き心地4.5
寿命3.5
価格の安さ3.0

■kusaoのコメント
全体的に柔らかめのジェルが使われていて、最初はぐにゃぐにゃ加減に驚くかも?

名前にジェルと書かれているように、衝撃吸収ジェルがこれでもかと使われているので、通勤はもちろん、普段使いでも十分足の負担を抑えてくれます。

 

初めて使う時は戸惑うかと思いますが、ジェルが靴にしっかりフィットするので、靴の中でのずれもなく、足が痛いなどの違和感が少ないのがとにかくありがたい。

先ほど紹介した菌ピタ君と合わせて使うのもアリですよ。

⇒この消臭インソールのレビューページはこちら

第5位:ジェルアクティブ ワーク

ドクターショール ジェルアクティブ ワーク 箱表

消臭力2.0
履き心地4.5
寿命3.5
価格の安さ3.0

■kusaoのコメント
消臭スプレーでも有名なドクターショールの商品です。

パッケージ写真にもあるように、メインは衝撃吸収インソールなんです。

このインソールの最大の特徴は、立ちっぱなしでも疲れないということ。
仕事終わりの電車で立っているのが全然辛くない、っていうのにびっくりでした。

 

気になるのは、インソール自体に厚みがあるので、靴によっては少し窮屈に感じるという点です。

 

また、クッションの分厚さのせいなのか、消臭力は第4位の「ジェルアクティブ エブリデイ」と比べると物足りないです。

⇒この消臭インソールのレビューページはこちら

まとめ

第1位のブリーズエアーインソールは、消臭力と履き心地のバランスがどちらもハイレベル

あえて欠点を挙げれば、値段設定が高めなこと。

でも、高価格なのも納得なくらいのクオリティでした。

抗菌性も高いので、立ち仕事が多い介護・医療現場でも使われているそうです。

ずっと使える消臭インソールが欲しいなら、ブリーズエアーインソールを選ぶと間違いなし!

 

第2位の菌ピタ君は、消臭力特化型の消臭インソールです。
他のインソールと違って、細かいサイズ設定がされているので、自分でハサミで切る必要がありません。

届いたその瞬間から使うことが出来ます。
薄いので、靴を選ばないというのもメリット。

クッション性の問題をカバーできれば、長く使えるインソールですね。

 

第3位のGゼロインソール DXはバランスの取れたタイプ。
そこそこ消臭・除湿してくれて、履き心地も良しと、使い勝手のよいインソールです。

 

第4位のジェルアクティブ エブリデイは履き心地重視の消臭インソール。
一度履いたら、その快適さに病みつきです。
立ち仕事が多いなら、第5位の「ワーク」の方がおススメ。

 

第5位のジェルアクティブ ワークはとにかく足の疲れを感じている人におすすめ。
ただ、消臭力にこだわるのであれば、他の商品を選ぶといいかも。

kusao
kusao

消臭インソールは、まさにピンキリです。
安くてもほんの少し活性炭が使われていれば、平気な顔して「消臭インソール」の名前で販売されています。

 

本当にしっかりと長期間消臭効果が得られる消臭インソールを使おうと思ったら、どうしてもある程度高価なものを選ぶ必要があります。

今回紹介した消臭インソールは、どれも高い!と感じるものばかりかもしれません。

ですが、逆に言うとこうした本物の消臭インソールが一つあるだけで、靴や靴下の臭いが数か月抑えられるんですよ。

 

靴の臭い対策に余計な手間暇をかけなくてもいい、朝通勤前にサッと靴にセットするだけでいい、ということも考えると、消臭インソールって結構お得な買い物だと思います。

消臭インソール自体はニオイもしませんし、見た目も目立つものでもありません。

周りに臭い対策していることもバレず、スマートです。

kusao
kusao

私自身、靴を脱ぐときにドキドキしないで良くなりました。
外でも堂々と靴を脱げるんです。

 

消臭インソールとは、そんなちょっとした幸せを感じられるアイテム。

 

もしあなたが、まだ本物の消臭インソールの良さを感じたことがないのであれば、ぜひ一度試してみる価値はありますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました