足の爪、臭くない!?正しい洗い方と爪の切り方を解説します

足の爪切り足の臭い

こんにちは、kusaoです。

爪のお手入れ、きちんと出来てますか?
特に私も含め、男性は爪の手入れをいい加減にしがちです。
「なんか伸びてきたなぁ」と思ったら切るくらいって人も多いのでは。

 

でもですね、意外と足の爪ってニオイが気になるポイントなんですよ。
特に、親指の両端に垢がたまってたら危険信号!

kusao
kusao

ずっと外では靴下履いてるし、他の人に見られることも無いから、なんて油断してたらいつの間にか足が臭くなってしまいます。

 

オシャレは足元から。臭いも足元から。

というわけで、爪の手入れは大切です。

足の爪が臭い理由とは

足の爪が臭い?

親指の爪に垢がたまりやすいのは、爪が湾曲していることと、爪の面積が大きいためです。

 

爪垢の多くは「古い角質」。
そのほかにも皮脂や皮膚片、靴下の繊維などがたまります。

kusao
kusao

ここで足のニオイの原因について簡単に説明しますと、「足に繁殖した雑菌がエサを食べて分解する際に出すニオイ成分」です。

このエサというのが、古い角質だったり皮脂、皮膚片なんです。

 

つまり垢というのは、雑菌にとって美味しいごちそうでございます。

そんなごちそうが爪の間にたんまりあるなら、雑菌はどんどんエサを食べ、増殖し、ニオイをまき散らします。

 

足や靴下をちゃんと洗ったところで、雑菌ホイホイがあるのだから、雑菌が増えないわけがないんです。

足の爪の手入れについて

古い歯ブラシ

足の爪の垢がたまらないようにするために大切なことは、定期的に垢を取り除くこと、爪を短く切って垢が溜まりにくくすることです。

爪の洗い方は大丈夫?

まず、つまようじで爪の垢を取るのはキケンです。
私も以前やってしまってました。

 

慎重に使っているつもりでも、知らないうちに爪にくっついた皮膚を傷つけちゃうんです。

 

家にあるもので手軽に垢を取ろうとと思ったら、使い古した歯ブラシが便利。
お風呂に入った時に、爪の間にある垢をかきだすようにして取ります。

 

出来たら歯ブラシの毛の硬さは普通~硬めの方がやりやすいです。

少し硬めの方が爪の垢も取りやすいし、爪の間の皮膚は、歯茎よりも厚めなので安心です。

 

使い古しじゃなくても、安い歯ブラシなら一本数十円で買えますから、爪専用にストックしておくのもアリですね。

 

ドラッグストアに行くと、爪ブラシが売ってるんですが、私個人的には歯ブラシで充分だと感じました。

過度の角取りはNG

爪の切り方もポイントです。

ネットで話題になったツイートの画像を引用します。


ツイートの画像を参考に、正しい爪の切り方を確認してみてください。

kusao
kusao

私は面倒なのでやすりは使っていませんが、それでも角を残すようにするというのは気を付けてます。

 

なんか昔は角がない方が爪垢たまりにくいじゃん、と思ってたんですけど、そうじゃなかったんですね。

ただ、あまり角を残しすぎた場合、薄い靴下だと破れる危険もあります。

そういうときはやすりで少し角を取る方が良いです。

まとめ

爪垢を放っておくと、謎の異臭がしてきます。

爪の角に黒いモノがあったら、見た目的にも不潔感ありますよね。

お風呂で使い古しの歯ブラシで汚れを取って、お風呂から上がったら爪を正しく切る。

 

これだけのちょっとした手間で、爪垢による足の臭いは消えます。

ぜひ、今日からでも実践してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました